【エスゾピクロン】最近話題のハイプナイトって知ってる人いる?

ハイプナイトの効果・効能

■ハイプナイトとは?
ハイプナイトはエーザイ製薬より販売されている「ルネスタ」のジェネリック薬です。有効成分はエスゾピクロンとよばれる物質で、不眠症で入眠が困難という方に処方されるものです。
そしてこの薬は海外医薬品の個人輸入代行というかたちで入手することが可能で、ルネスタよりも格安での購入が可能です。
また最近は日本の厚労省が定める薬事法で向精神薬物に指定された「アモバン」に代わる薬として通販サイトでは販売されているようです。エスゾピクロンは、アモバン同様に副作用の少ない非ベンゾジアゼピン系に属する薬ですが、ちょっとだけ違う部分があり、より副作用が少なく安全性が高いという点で国内外で注目を集めています。

■効果・効能
不眠症の定義では、入眠困難や睡眠維持の困難、早朝覚醒などにより、ぐっすり寝た感じがしない、回復感がないといった睡眠の質の低下を含む睡眠障害を指します。これらのうち、エスゾピクロンは入眠が困難であるとか、寝つきが悪いといった症状に効果を発揮する睡眠薬です。その他には脳内の興奮を鎮静化させるゾピクロンのような筋弛緩作用はなありませんが、抗不安作用も兼ね備えており、睡眠作用単体のものよりもパニック障害や恐怖、緊張症にともなう不安にも効果があるようです。

■アモバンとの比較
アモバンの有効成分であるゾピクロンに配合されたS体だけを光学分割という方法で採取したものがルネスタです。どちらも短時間作用型睡眠薬に属し、4~5時間の持続時間を持ちますが、後者の方は効き始めがゆるやかで、副作用も弱く、依存性にもなりづらいという特徴を持つので、患者さんにとっては安心して飲み続けることが出来る点や自然な寝つきで心地よく眠りにつける点が信頼されうる特徴でしょう。また、前者を飲んでいる方の中にはゾピクロンの方が効き方がスッキリよく効くという印象を持っている人もいるかもしれませんが、作用はどちらもGABA受容体に作用しGABAの作用を強める効果がちゃんとある薬です。このGABAは血圧を低下させる作用や、興奮を抑制する作用を働かせる神経伝達物質として脳内で働くとして、栄養食品にも活用されているほどです。
10月のゾピクロンの向精神薬指定にともない、自信の身体にとって、より優しいハイプナイトへ切り替えていくという方法をとる人も今後、増えるのではないでしょうか。